行政書士試験について

行政書士になるために、通信教育を受講する人も多くいますが、学習の主な目的は行政書士試験の合格を目指すことです。
通信教育で試験に合格した人の事例は数多くあり、まじめに取り組むことで、合格することができます。
通信教育では試験の過去問などの教材を活用して、傾向や対策を理解できるようにサポートします。
過去の問題を参考にすれば、試験で共通して出題される必須項目がわかりますし、幅広い分野での実力を身につけることができます。

行政書士試験は通常年一回、全国の指定会場で開催されます。
受験資格は特に問われることはなく、例外を除けばだれでも受験することができます。
試験は筆記による試験が行われ、記述式の問題と選択式の問題から構成されています。法律的な知識を問う問題だけでなく、実践力を確かめる問題もあり、法律に関する知識に加えて、諸手続きの方法を知っておくことが大切です。
問題は全部で60問用意されていて、法令に関する項目が50%以上、一般知識についての項目が40%以上、全設問に対する回答が60%以上正解であれば合格となります。

試験はインターネット上に日程が公開されています。
受付期間内に願書の提出と受験手数料の支払いが必要です。願書を含めた案内資料は郵送でも請求できます。

試験会場は各都道府県に設置されるため、どの地域に住んでいる方でも最寄りの会場で受験することができます。
具体的な受験案内は、通信教育でも情報が提供されます。

Comments are closed.