人よりも更に有利な就職先をゲットする為の資格とは?

就職や転職に役立ったり有利になるのには資格とは、どんなものがあるか考えたことがありますか。
もちろん、自分にとって有利になる資格とは、企業側にとっても有益な資格ということです。

特に、有資格者でないと取り扱うことができない業務があるものについては、企業側から根強い人気があります。
専業業務を取り扱うことが出来る資格であれば、就職や転職ではなく開業することも夢ではありません。
今から資格取得の勉強を始めるとなると、どんな資格がより有利で資格取得までの道のりが短いのでしょうか。
もし何を始めようか迷っている場合には法律を扱う国家試験でありながら、特に受験制限を定めていない行政書士試験の勉強を始めてみてはどうでしょうか。

行政書士とは個人・法人を問わず書類の作成や代行業務を取り扱う国家資格です。
先に述べた通り、他の国家資格は受験制限があり、すぐには受験することが出来ない資格が多いのですが、行政書士についてはその受験資格が設けられていないので、国家資格の登竜門として受験する人も数多くいます。
受験については、テストはマークシート方式で行われる為、記述式のテストに比べると比較的受けやすい資格となっています。

ここで学んだ知識は、更なる法律のスペシャリストとしての資格へのステップアップにも大変役に立ち、どんな職場の場面でも活かすことができますし、企業内でも総務や人事課で働く場合には、その知識を使って効率良い業務をこなす手助けとなるでしょう。

行政書士として働いていくには

行政書士の資格を取り、専門資格を活かして働いていくには、事務所や企業等への就職の道と独立開業の道があります。

直ぐに独立開業するケースもありますが、いったん就職して修行を積み、経験やノウハウを豊富にしてから機をみて独立するというケースも少なくありません。

もちろん、定年まで勤務して定年後に独立開業する方もいます。
この仕事は能力が続く限り一生現役でいることができ、定年はないからです。

就職する場合の筆頭候補が、士業の事務所です。
行政書士のみの事務所というケースもありますが、様々な士業が集まった合同事務所も人気で、求人件数や採用人数も多いのがこの手のタイプです。
弁護士や司法書士など比較的業務に類似性があったり、お互いの業務を補完し合える関係にある資格の士業との合同事務所のほか、会計士や税理士、土地家屋調査士等も抱える事務所、ファイナンシャルプランナーなども要するコンサルティング会社といったところも候補になるでしょう。

行政書士の仕事は、行政機関に申請する書類の作成や申請業務のほか、離婚協議書の作成や遺産分割協議書の作成、遺言などと、それに伴う相談業務などがあります。
こうした仕事は弁護士や司法書士、ファイナンシャルプランナーとも連携がとれる分野であり、互いの業務のルールに基づいて、資格外の部分は補完してもらうことができます。
そのため合同事務所やコンサルティング会社では、顧客に対して、ワンストップサービスが提供できるとともに、様々な事例と経験ができるメリットがあります。