行政書士の仕事はやりがいがある

行政書士の仕事はかなりの広範囲にわたっています。

まず官公署に提出する書類の作成や代理をしたり、相談をする業務です。
官公署とは、国の省庁、都道府県庁、市区役所、町村役場、警察署などです。
さまざまな業種の許認可申請に関わる仕事がこれに含まれます。
たとえば、飲食店営業許可申請や、建設業許可申請などがあります。
この許認可事務はかなり多くの数があります。

また在留資格や帰化の申請も含まれます。
永住許可や外国人登録の申請もこれに入ります。
次が権利義務に関する書類の作成や代理をしたり、相談をする業務です。
権利義務に関する書類というのは契約書が多いのですが、示談書や内容証明書のほか協議書なども入ります。

告訴状や告発状なども含まれます。
さらに事実証明に関する書類の作成や代理をしたり、相談をする業務があります。
事実証明に関する書類は、議事録や会計帳簿のほか図面なども入ります。

このように行政書士の仕事はかなりの数にのぼり、範囲も多岐にわたっています。
すべての分野に精通するのはかなり難しいので、行政書士のなかには専門分野を作り、スペシャリストとして活動されている方が多いです。
資格取得の後、事務所に就職して専門分野を見つけ、独立してその分野をメインにした事務所を開くのもいいでしょう。
法律に関わっていて、社会になくてはならない業務ばかりです。

やりがいのある職業なので、資格を取得したあと、独立して顧客獲得に成功すれば、充実した生活を送ることができます。