行政書士の年収の平均を知っておきたい

お店の営業を始めたり、相続の手続きなどで、国民は官公庁に必要書類を提出をすることがよくあります。
行政書士は、他人の依頼をうけて申請書などを作成したり、必要な書類を作成して報酬を得ている国家資格者です。

通信教育を受けて、法律の知識を学んだり、専門学校に通学をしてから、一定期間の学習期間を積んだ後は、年齢や性別に関係なく誰でも受験が可能になっています。
資格を取得した後は、副業として働いたり、就職をしたり、独立開業をして幅広く活躍することができます。
1年間に多くの人が受験をしている資格試験なので、競争も激しいのが特徴になっています。

行政書士の年収は、500万から1000万円前後になっています。
豊富な知識や実績がある場合は、高収入が可能な職業になっていますが、50パーセント以上は年収が500万円前後だと言われています。

資格を取得したら、司法書士や弁護士の在籍している総合事務所で雇われの行政書士として勤務をすることができます。
雇われの場合は、年収は低めになっていますが、勤務をすることで経験を積んでいけるので、大きなメリットになります。
実績を積んでおくと、独立、開業もできるので、収入を増やすことも可能になります。
法律の知識が必要な資格なので、難易度は高いですが、若い年代のうちに資格を取得しておいた方が有利です。

本業として他の仕事をしている場合は、副業にすることで収入アップをすることができます。

行政書士として働いていくには

行政書士の資格を取り、専門資格を活かして働いていくには、事務所や企業等への就職の道と独立開業の道があります。

直ぐに独立開業するケースもありますが、いったん就職して修行を積み、経験やノウハウを豊富にしてから機をみて独立するというケースも少なくありません。

もちろん、定年まで勤務して定年後に独立開業する方もいます。
この仕事は能力が続く限り一生現役でいることができ、定年はないからです。

就職する場合の筆頭候補が、士業の事務所です。
行政書士のみの事務所というケースもありますが、様々な士業が集まった合同事務所も人気で、求人件数や採用人数も多いのがこの手のタイプです。
弁護士や司法書士など比較的業務に類似性があったり、お互いの業務を補完し合える関係にある資格の士業との合同事務所のほか、会計士や税理士、土地家屋調査士等も抱える事務所、ファイナンシャルプランナーなども要するコンサルティング会社といったところも候補になるでしょう。

行政書士の仕事は、行政機関に申請する書類の作成や申請業務のほか、離婚協議書の作成や遺産分割協議書の作成、遺言などと、それに伴う相談業務などがあります。
こうした仕事は弁護士や司法書士、ファイナンシャルプランナーとも連携がとれる分野であり、互いの業務のルールに基づいて、資格外の部分は補完してもらうことができます。
そのため合同事務所やコンサルティング会社では、顧客に対して、ワンストップサービスが提供できるとともに、様々な事例と経験ができるメリットがあります。